• ホーム
  • ニコレットの購入方法と注意点

ニコレットの購入方法と注意点

2019年09月24日
タバコを吸っている男性

禁煙をするためには、自分の意志だけでやめられるのであれば、費用もかからず一番良いのですが、喫煙を長期的にしていた人にとっては、それが当たり前となっており、禁煙することがなかなか困難なケースが多いです。
最近では、禁煙外来として、病院に行って禁煙習慣を身に着けることができるようになりましたが、通院をしている暇がなかったり、費用が気になる人もいるかもしれません。

そこで、一番気軽に行うことができる禁煙方法の一つとして、ニコレットガムによる禁煙方法を挙げることができます。
ニコレットガムについては、全国の薬局やドラッグストアでも購入することができますし、値段についても、12個入りで1200円程度となっていますから、費用も抑えて禁煙を目指すことができます。
このニコレットガムを噛むと自然とタバコを吸いたい衝動を抑えてくれるので、タバコを吸う代わりにニコレットガムを噛むことによって、喫煙をしないでも平気な状態にまでもっていくことができます。

ただし、ニコレットガムにはニコチンを少量含んでいるので、使用にあたってはいくつか注意点があります。
注意点としては、妊婦、心臓病がある人、急性期脳血管障害と診断された人、急性期脳血管障害と診断された人、うつ病の人、顎の関節に障害がある人、ガムを噛んで発疹やかゆみなどの症状が出た人などに関しては、ガムの使用はできません。
もし、これらの人がニコレットガムを噛んでしまって、何らかの異常が発生した場合は、医師に相談することが大事になってきます。
よく起こる症状としては、口内炎、のどの痛み、吐き気、下痢、かゆみ、発疹、頭痛、めまいなどの症状が挙げられます。
使用に不安がある人は、まずは医師に相談してから、使用するようにするとよいでしょう。

関連記事
個室での検査も可能な禁煙外来とニコレット

禁煙したいのに、禁煙の禁断症状に負けて、挫折してしまう人は多いです。喫煙者の7割は、ニコチン依存症だと言われています。タバコを止められないのは、ニコチンが持っている強力な依存性の影響なのです。ニコチン依存症は、治療が必要となります。そのため、日本の病院には、禁煙外来がある病院が増えています。禁煙外来...

2019年10月26日
トイレ内でも使用できるニコレットと禁断症状のピーク

ニコレットはニコチンが配合されているガムで、タバコをやめたいと願っている人のための医薬品です。普通のガムの様にただ噛むのではなく、歯茎にひっつけてニコチンを口腔粘膜から吸収するという使用法です。これにより、タバコを吸うときよりもニコチンをゆっくりと吸収するので、中毒症状が徐々に緩和されることになりま...

2019年09月30日
喫煙衝動にニコレットとファイザーの禁煙補助剤がおすすめ

ニコレットを用いて禁煙に取り組むというのはニコレットが市場に登場してから瞬く間に広がりました。それまではいくら努力をしても禁煙を達成することができなかった人でも実現できるという期待が持てたからです。禁煙が難しい大きな原因はニコチンに対する依存症であり、ただタバコをやめようと考えて実践するだけではニコ...

2019年09月26日
ニコレットに禁煙効果はあるのか?

ニコレットは禁煙をサポートするために開発された医薬品で、初期には噛むことでニコチンを摂取できるようにしたガムが発売され、現在は貼るパッチタイプも販売されています。禁煙に役立つアイテムとして有名ですが、そもそもどのような作用によって効果が現れるのか、まずはタバコが止められないメカニズムを理解することが...

2019年09月22日